身寄りがない場合はどうすればいい?

身寄りのないひとの葬儀 生活保護葬でよくある質問

身寄りのない生活保護者のお葬式

生活保護者の方で「身よりがいない」方も少なくありません。そのような方に万が一のことがあった場合、誰がどのようにお葬式を行うのかご存じですか?

こちらのページでは身寄りがない生活保護者のお葬式についてご説明致します。

身寄りのない方がご逝去された場合、その亡くなった場所の自治体がお葬式を行うことになります。もちろん葬儀費用は自治体が負担することになります。

葬祭扶助を利用したお葬式となるわけです。葬祭扶助とはどのようなものかはこちらからご覧下さい。

それでは身寄りがない場合、いったいだれが葬祭扶助申請をおこなうのでしょうか。身寄りがいない場合の葬儀申請者は下記のような方になります。

  • お亡くなりになった病院の院長
  • お亡くなりになった施設の施設長
  • お住まいの家主

上記のような方が葬儀申請者になり「身寄りのない方のお葬式」をおこなうことになります。

手続きなどはすべて弊社でおこないます

施設やご自宅でご逝去され、その方に身寄りがいない方などの葬儀をどうすればよいかとお困りでしたら、葬優社までお電話下さい。

葬祭扶助申請書に必要事項をご記入いただければ、あとの手続きなどもすべて弊社にておこないますのでご安心下さいませ。

故人様のご安置・葬儀にかかるお手続きなどもすべて弊社にておこないますのでご安心下さいませ。お気軽にご相談下さいませ。

ご提案 葬儀プラン

身寄りがない、身寄りのない方のお葬式に対応した葬儀社です。弊社にてお手続き等すべておこないますのでお電話でお問い合わせ下さいませ。

大阪市の葬儀社「葬優社」にお任せ下さい

専任担当者が24時間対応しております。お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

電話をかける
メールで問い合わせる

福祉・生活保護の葬儀ができる葬儀社をお探しなら大阪市にある葬儀社の葬優社

コメント

タイトルとURLをコピーしました