葬祭扶助が認められない場合はどうなるの?

生活保護葬でよくある質問

葬祭扶助が認められない場合は「自己負担」

故人様が生活保護を受給していても、ご家族が葬儀を行う場合は葬儀費用の負担は「葬儀をおこなう家族」となります。ご家族に葬儀費用の支払いができると判断され葬祭扶助が認められなかった場合は、自己負担での葬儀となります。

詳しくは葬祭扶助制度とはどのようなものかをご覧下さい

ご家族がいる場合、葬祭扶助が認められないケースはよく御座いますので、ご予算・ご希望に応じて葬儀プランをお選びいただき「自己負担」でお葬式をとりおこなわなければなりません。

費用を抑えて火葬のみおこなう

葬祭扶助が認められない場合によくご利用される葬儀プランとして、費用を抑えて火葬のみ行なう方が多い傾向にあります。

当社がご提案している、いちばん費用的にお安く済む火葬プランをご紹介します。

直葬(火葬)プラン 総額99,000円

・お預かり安置料が48時間まで無料

・追加料金は火葬料金だけ

・大阪市民の方 支払い総額109,000円

大阪市民の方なら「火葬料金10,000円」がプラン料金以外に最低限必要になりますので、火葬料金と消費税を入れて「お支払い総額が109,000円」になります。

お問い合わせ

専任担当者が24時間対応しております。お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

電話をかける
メールで問い合わせる


コメント

タイトルとURLをコピーしました